IB 国際バカロレア留学

国際バカロレア留学

国際バカロレア機構(以下「IBO」という。)は、インターナショナルスクールの卒業生に、国際的に認められる大学入学資格を与え、大学進学へのルートを確保するとともに、学生の柔軟な知性の育成と国際理解教育の推進に資することを目的として、1968年に発足した非営利の教育機関です。ユネスコや多くの国々の政府機関、財団基金の協力を得て活動を行っています。IBO は、スイスのジュネーブに本部を置き、認定校に対する共通カリキュラムの作成や国際バカロレア試験の実施及び国際バカロレア資格の授与などを行っています。

IBには、3歳~19歳の子どもの年齢に応じて3つのプログラムがあります。

初等教育プログラムPYP (Primary Years Programme)3歳~12歳

中等教育プログラムMYP (Middle Years Programme)11歳~16歳

ディプロマ資格プログラムDP (Diploma Programme)16歳~19歳

DP の課程を修了し、DP 資格取得のための統一試験に合格することで、IB 資格を取得することができます。IB 資格は国際的に認められている大学入学資格の1つであり、我が国においても昭和54年に「スイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局が授与する国際バカロレア資格を有する者で18歳に達した者について、大学入学に関し高等学校を卒業したものと同等以上の学力があると認められる者として指定されました。

国際バカロレア(IB)留学のかたち

  • 日本のIB実施高校で
    Middle Year Programを履修

  • 海外のIB実施高校で
    Middle Year Program 最終年度を履修

  • 日本のIB実施高校に編入
    Diploma Program 1年度を履修

  • 日本のIB実施高校で
    Diploma Program 最終年度を履修

  • 日本の中学1年~3年次を修了

  • 海外の高校へ留学
    現地高校1年次を修了

  • 現地のIB実施高校に編入
    IB Diploma Program 1年度を履修

  • 現地のIB実施高校で
    IB Diploma Program 最終年度を履修

『IB Diploma』の資格を得て
日本の高校を卒業または海外の高校を卒業

海外の有名大学または日本の有名大学へ進学

※ハーバード・ケンブリッジ大学等難関大学はIB Diploma の成績や課外活動などで合否判断

※2016年度より東大は推薦入試、京大は特色入試としてIBの成績を合否判断に取り入れる予定

日本はグローバル化時代を迎え、グローバル人材を求めています。
これからは海外大学の留学経験者が就職に有利です。
海外大学への留学は高校留学経験が有利です。
その高校留学が【国際バカロレア留学】なら断然有利です。

次項目ハーバード、ケンブリッジ大学など、海外の有名大学は【国際バカロレア留学】の成績を参考にするからです。

次項目2016年度入試より東大・京大・慶応など日本の有名大学も、推薦入試などで【国際バカロレア留学】を取り入れる予定です。

次項目【国際バカロレア留学】は海外の大学でも日本の有名大学にも進学できるのです。

次項目高校留学するなら、最初の1年間を現地高校で学び、2年生、3年生を【国際バカロレア】のプログラム実施高校に編入するのです。

次項目海外の有名大学留学か日本の有名大学へ進学できるのです。

次項目OKCは【国際バカロレア留学】をご案内しています。

イメージ写真01 イメージ写真02