環境保護海外ボランティア

 

動物保護ボランティア

その国にしかいない動物保護活動プロジェクトで、
現地の人々と交流を深めよう!

事前保護に対する関心が高まる一方で、世界各地で動物保護のボランティア活動が盛んに行われています。

その国にしか生息しない動植物の保護活動に参加してみませんか。

海外旅行や留学とは一味違ったかんどう体験があなたを待っています。

●生態系保護のための植林活動

●希少植物保護のための除草・管理作業

●海岸や公園の美化活動

●動物が好きな方

●世話好きな方

●日本にいない動物と触れ合いたい方

●動物保護の1日に密着!

語学学校終了後、週3日のペースで朝8時から15時30分まで野生動物保護区で働きました。言葉の壁は多少ありましたが、スタッフがとても親切だったのですぐに環境に慣れることができました。主な仕事は、園内の掃除や動物の食事作りでした。カンガルーなどの住まい掃除は、枯れ草を古いものから新しいものに代えなくてはいけなかったため、とても重労働でした。ローンパインの仕事は力仕事が多くて大変でしたが、特に国は思いませんでした。これもあたたかいスタッフと充実した仕事内容だったからと思います。

動物保護ボランティア

体験談02

ボランティア風景

参加に必要なもの・こと

お申し込みにあたっては、英文の履歴書と誓約書が必要です。これらの書類を申込書と合わせて、希望する派遣先企業などに提出し、受け入れ可能かが決定されます。また、現地の企業や団体は意欲的に取り組んでいただける方を求めていますので、受け入れ先によっては、現地での面接の後、受け入れが決定される場合もあります。

OKCオセアニア交流センターでは、履歴書の作成方法などのアドバイスもおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。帰国後の就職もサポートいたします。