オーストラリアの教育制度 | 中学・高校留学なら信頼と実績のOKC

30年以上の信頼と実績。日本で最初のオセアニア専門留学代理店

OKCの連絡先電話番号
  • 03-3340-5300[東京]
  • 06-6341-8248[大阪]

オーストラリアの教育制度

オーストラリア高校留学・中学留学

短期・中期・長期プログラム

中学・高校留学メニュー

OKC留学

OKC教育講座

オーストラリアの教育制度

オーストラリアの教育制度は州によって異なりますが、基本的にはイギリス型です。日本のような6・3・3制とは異なり、Year1からYear12までの学年制です。初等教育(Primary School)はYear1からYear6まで、中等教育(Secondary School)はYear7からYear12までです。つまり、日本の中学1年生から高校3年生までを合わせたものをセカンダリースクールと呼びます。但し、クイーンズランド州ではyear8からYear12までがセカンダリースクールです。Secondary SchoolはさらにYear7からYear10のJunior Secondary(Middle Schoolと呼ぶこともあります)とYear11からYear12のSenior Secondaryに分けられます。

オーストラリア留学の特色

セカンダリースクールには公立と私立があります。オーストラリアの公立高校は各州政府の管轄下にあり、全体の4分の3を占めています。男子校、女子校もありますが、ほとんどが共学校です。私立校には共学校、男子校、女子高があります。その多くは、宗教(カトリック、プロテスタント、英国国教会)を母体とした組織が運営していますが、学校内での宗教色は強くありません。私立校の方が、一般的にスポーツ施設やコンピュータなどの設備が整っています。

オーストラリアと日本との比較

オーストラリアの教育制度は州によって異なりますが、基本的にはイギリス型です。日本のような6・3・3制とは異なり、Year1からYear12までの学年制です。初等教育(Primary School)はYear1からYear6まで、中等教育(Secondary School)はYear7からYear12までです。つまり、日本の中学1年生から高校3年生までを合わせたものをセカンダリースクールと呼びます。但し、クイーンズランド州ではyear8からYear12までがセカンダリースクールです。Secondary SchoolはさらにYear7からYear10のJunior Secondary(Middle Schoolと呼ぶこともあります)とYear11からYear12のSenior Secondaryに分けられます。

オーストラリアと日本との比較図
日本 義務教育 →      
 

小学校

中学校

高校

大学

大学院

短大

     
学年 1 2 3 4 5 6 1 2 3 1 2 3 1 2 3 4    
年齢 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22~
オーストラリア 義務教育 →  
学年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3      
 

Primary School

プライマリースクール

小学校

Secondary School

セカンダリースクール

大学

学部課程

大学院

Junior School

ジュニア
スクール

Senior

シニア
スクール

TAFE

専門学校

     

高校留学後の進路

義務教育はYear10までで、11年生と12年生は、大学進学のための州統一卒業テスト(Higher School Certificate)などの準備期間です。日本の大学は4年制ですが、オーストラリアの大学はほとんどが3年で修了するため、大学入学後すぐに専門課程を履修する事となります。日本の大学の1回生で学ぶような一般教養をSenior Secondaryの間に身につけます。また、大学の授業で必要な論文作成技術やクラスワークの仕方を学びます。この2年間の成績と、卒業テストの成績によって進路を決定します。Senior Secondaryは、日本の高校2年生、3年生よりも授業内容は高度だと言えるでしょう。 Junior Secondaryを終了後、大学へ進学せずに就職する人、専門学校へ進学する人もいます。日本の教育制度と違って公立の専門学校があり、TAFEと呼ばれています。